電気代節約になる?LED照明はメリットだらけ

LED照明には様々なメリットがある

引越しや部屋のリフォームなどで新たに照明を取り付けるなら、LED照明にするのがおすすめです。LED照明のメリットとしては、蛍光灯の照明よりも消費電力が少ないので電気代を大幅に節約することが出来る、ランプの寿命が長いので交換の手間が省ける、照明をつけたり消したりしてもランプの寿命が短くならない、紫外線を含まない光であるため虫が照明に寄って来ないなどがあります。地球環境の観点から考えても、LED照明を選ぶべきです。その理由は、LEDは二酸化炭素の排出が少ないからです。お財布にも環境にも優しい照明です。蛍光灯の照明を使っている方は、エコでお得なLED照明へのシフトを検討してみてはいかがでしょうか。

LED照明にシフトする際の注意点

蛍光灯の照明からLED照明にシフトする場合は、安定器の工事が必要にな場合があります。今まで使っていた蛍光灯用の照明器具にLEDランプを取り付けることも可能ですが、いくつかの問題やリスクがつきまといます。LEDランプの種類によっては蛍光灯用の照明器具に取り付けることが不可能なものもありランプ選びが難しくなる、電力を無駄に消費してしまい電気代節約のメリットが得られない、古い安定器を使い続けることが火災のリスクに繋がるなどがそれにあたります。工事をせずにランプのみをLEDに交換する場合は、十分に注意してランプ選びをしなければなりません。やはり、安全性を確保するためには、安定器の工事を行ってからLED照明にシフトするという方法がベストです。それが、安心と省エネに結び付きます。

LEDライトパネルは、LEDをパネルとして点灯できるライトになります。LEDのため視認性に優れていて、ポスターなどを貼って使うことができます。